トップ>連載企画>第7回 用具の知識 (物理的な力) /第1編 第4章 掃除方法の決定 その1 

連載企画:健康住宅・掃除がラクな家の構想案

用具の知識 (物理的な力) /第1編 第4章 掃除方法の決定 その1 

 

  


● 2.4-2 用具の知識(物理的な力)

掃除方法を決定するための物理的な力として、掃除用具(各種器具や機械類)を使い、"掃く・拭く・はたく・吸う・磨く・擦る・削る・流す" などの物理力で汚れを除去する。物理力においても、洗剤同様に使い方を誤ると建材を傷つけるなど、害を及ぼすので注意が必要である。

★用具の基礎知識
(1)どんな用具があるのか?を知る(各種器具・機械類) → (2)用具の応用を知る

 
  
 

(1) どんな用具があるのか?を知る(各種器具・機械類)
住まいの掃除用具の種類はとても多く、目的に応じ調べて選出し、各商品の使用法に従って活用する事が望ましい。数多くある「物理的な力」の代表的な掃除作業の行為を記すので、汚れ除去をイメージするための基本資料として、用具選出の際に活用してもらいたい。

 

   

掃除用具の1例として、「ペットと暮らす・日頃のお手入れに便利な用具」 詳しくは → http://www.osouji-best.com/PetToPet/benriDougu.htm 

掃除用具の応用例として、水に圧力を加える事でただ流すだけでなく、別の効果を得る事ができる。ホースと散水用のアタッチメントを使い、水に圧力を加えてその散水形状を扇形にすることで、ほうきのように水で床を "掃く"ことや、高圧洗浄機を使いさらに水圧を高くして"擦る・削る"などの効果を得ることもできる。このように様々な用具を組み合わせる事で無数の物理的な除去方法が生まれる。
さらに、身の回りの日用品や掃除とは無関係に思われるものが、使い方と組み合わせにより優秀な掃除用具となることもある。

 

 

(2)用具の応用を知る (掃除用具としての応用)

 

   

 

 

 

次回は、作業方法の知識について紹介したいと思う。

連載目次